国内専念組を優先

宝塚記念は豪華メンバー。予想のポイントは海外遠征帰りの取捨。セオリーはやはり国内専念組を優先して狙います。

本命はキセキ。大阪杯は仕掛けが遅れてウチからすくわれての二着。今回はここ狙いで充実した調教内容。いい枠を引きましたし、前で自分の競馬をすれば、結果は伴うはず。

相手は海外組からレイデオロ。ドバイは度外視して、キセキとの対戦成績から、ペースが向けば逆転も。単穴はエタリオウ。堅実ですし、G1惜敗の馬が勝つイメージが宝塚記念はあるので、ここでも。

気になるのはリスグラシュー。ペースが向けば末脚勝負で。あとはアルアインマカヒキ、スワーヴリチャードあたり。穴は昨年三着のノーブルマーズ。

波乱の安田記念

今年の安田記念は二強モードでしたが、スタートで二頭が斜行の被害を受ける波乱の展開に。内枠でスタートで前に行ったアエロリットが逃げ切りを図りましたが、直線で4番手にいたインディチャンプがかわしてのゴール。初G1制覇を飾りました。2着は昨年と同じアエロリット。アーモンドアイは外枠で大きな不利を受けての3着でした。

勝ったインディチャンプは東京新聞杯で東京マイルを勝っていたように東京コース適正を生かしました。まだ4歳馬ですし、成長しています。アエロリットは高速馬場があっていますね。

アーモンドアイは負けて強しの内容でしたが、海外帰国緒戦で万全の体制ではなかったようですね。今の東京マイルを使う意味があったのか微妙ですね。ダノンプレミアムは全く競馬ができず惨敗。馬場入り後にすでに入れ込みもありましたし、不利がなくても勝てなかったように思います。難しい馬ですね。

 

f:id:sarahqee:20190605223428p:plain

 

アーモンドアイ、国内戦

今年の安田記念はG1馬が7頭出走の豪華メンバー。特にアーモンドアイの参戦で盛り上がっていますね。ダノンプレミアムとの二強対決ですが、先週と同様に穴馬を探します。
 
本命はもちろんアーモンドアイ。桜花賞の勝ち方からマイルはむしろ合っているはず。ドバイでも強かったですが、直線が長い東京コースは向いています。この馬は目標があった方がいいので、ダノンプレミアムを目標にして強い競馬をすると思います。
 
一方ダノンプレミアムは自分の競馬でどこまで。川田はアーモンドアイに負けた馬たちの騎乗していつも前で残す競馬をしますのでこの馬でどうか。グァウンチャーレが逃げて二番手でいい競馬をすれば逆転も。単穴。むしろ後ろからいく馬を二着候補に。対抗はステルヴィオはレーンでどこまで変わるか。東京マイルは向いていますし、マイルCSの差し競馬ができれば。サングレーザ、インディチャンプ辺りへ。穴はペルシアンナイト。叩き良化タイプでM.デムーロ。そろそろ一発。

日本ダービー!

今年の日本ダービーは三強対決と言われていますが、皐月賞以前は混戦だったはずです。中山2000mの結果だけで、このまま決まるとは思いません。皐月賞負け組の巻き返しか、別路線か考えます。

皐月賞はよどみのない流れで、一番強い競馬をしたのは、実はヴェロックスだったと思います。早め先頭でサートゥルナリアに並ばれてから差し返していますし、馬体から距離も大丈夫。乗り替わり無しも魅力。本命にします。サートゥルナリアはレーンがどう乗るかですね。力はあるので、もちろん対抗。ダノンキングリーは東京は良さそうですが、距離に壁があるかも。サトノルークスは巻き返しそうで気になります。

別路線組で狙いたいのは京都新聞杯組。特にロジャーバローズは馬体もいいし、枠もいいところを引きました。無欲でどこまで。レッドジェニアルもキレ勝負で。青葉賞組は道悪競馬だったので、ランフォザローゼスの方に注目。スプリングSからのエメラルファイトは一発の魅力あります。穴はクラージュゲリエ。皐月賞好走なのに人気ないので、狙います。

ラヴズオンリーユー、無敗でオークス制覇

今年のオークスはラヴズオンリーユーが直線で抜け出して完勝しました。忘れな草賞からの参戦で無敗のオークス制覇。兄リアルスティールよりも完成度は高いかもしれませんね。今の東京コースの馬場に対応できたことも収穫。距離も問題ないですし、これからが楽しみです。

レンブーケドールはスイトピーSからの参戦であわやの二着。津村騎手の好騎乗が光りました。この馬も東京コース相性いいですね。今の馬場はディープインパクト産駒向きかもしれません。

別路線組のワンツーで決まった今年のオークスから、桜花賞はあまりレベルが高くなかったのかもしれませんね。クロノジェネシスがなんとか3着。前の二頭とは差がありましたね。ビーチサンバは勝ち馬と同じ位置から伸び切れず。距離でしょう。

f:id:sarahqee:20190520232509j:plain

 

ビーチサンバに期待

今年のオークスは混戦。桜花賞馬が不在ですし、別路線組が人気になっています。これまでもこのパターンはありましたが、案外、桜花賞組で決まることが多いと思っています。

本命は桜花賞組からビーチサンバ。東京コース実績もありますし、距離もおそらく問題ないはず。中間の調教過程もオークスを想定したもので、友道厩舎の長距離実績にも期待。ここはしっかり差し切ってもらいたいです。

相手も桜花賞組のクロノジェネシスクイーンCではいい競馬。長くいい脚を使えるのもオークス向き。単穴はコントラチェック。フラワーC圧勝で距離は合うはず。ラヴズオンリーユーは相手強化でどうか。エールヴォアは注意。手広く流して、穴はフローラS組の二頭、ウィクトーリア、シャドウデーヴァを。

高速馬場の代償

ヴィクトリアマイルは超高速馬場で最後はスピード比べになりましたが、D.レーン騎手のノームコアが抜け出して勝ちました。勝ち時計はなんと1分30秒5の日本レコード。この馬場の影響か、ノームコアはレース後に骨折が判明。このまま繁殖へという話しもあるようです。日本競馬の今の特殊な馬場は、結果として馬の故障に影響しますので、JRAはスピード重視から脱却しないと、世界の競馬においていかれる可能性もありますね。警鐘を鳴らすときかもしれません。

二着のプリモシーンはいい競馬をしました。普通なら勝っている競馬ですが、やむを得ない結果ですね。関屋記念でも好走しているように、左回りの長い直線の高速馬場はこの馬向きでした。三着クロコスミアは馬群をさばいての競馬。混戦の中でいい競馬をしました。ラッキーライラック、アエロリットはこの馬場では仕方ない感じですね。

f:id:sarahqee:20190514235218j:plain

京王杯スプリングカップタワーオブロンドンが勝利。D.レーン騎手がいい騎乗をしました。距離は1400mがベストな感じがしますが、安田記念でどうか。二着リナーテは中段から伸びて牡馬相手に善戦しました。ロジクライ、トゥザクラウンは力を出していますが、展開が向きませんでしたね。