ダノンプレミアム、快勝

マイラーズCは断然人気のダノンプレミアムが二番手から抜け出して快勝しました。グァンチャーレの後ろで折り合って競馬ができたことは収穫。このレースができれば、東京コース変わりも問題ないはず。アーモンドアイの参戦もありそうな安田記念は盛り上がりそうですね。期待したパクスアメリカーナは惜しい3着。前残りの中、狭いところから伸びてきたあたりは次走は狙いたい馬ですね。

フローラSはウィクトーリアが後方が伸びて差し切り勝ち。2着はイン強襲したシャドウディーヴァ、3着は逃げたジョディーでした。フェアリーポルカは直線で一旦先頭のシーンもありましたが、坂で伸び切れず5着でした。ウィクトーリアは出遅れましたが、結果的にはいい脚を使えました。この組と桜花賞フラワーCのメンバーを比較すると、一枚落ちるイメージですね。オークスでは連下候補にする程度かと思います。 

 

f:id:sarahqee:20190423234252j:plain

 

春の東京競馬、開幕

今週から春の東京競馬が開幕。G1の谷間ですが、いい競馬に期待。

まずはフローラS。本命不在で混戦ムードです。どの馬にもチャンスありますし、ここは手広くいきたいです。本命はフェアリーポルカ。君子蘭賞は先行抜け出しの強い競馬。大外が気になりますが、このメンバーなら軸にしたいです。

相手はシャドウディーヴァ。フラワーCは案外でしたが、馬は良くなっています。少し力不足と思いますが、安定感で。ウィクトーリアは前走は完勝、ここでも。あとはエアジーン、セラビア、フォークテイルあたりへ。穴はジョディー。クイーンCの強いメンバーで好走した東京コースなら。

マイラーズCはダノンプレミアムが断然人気ですが、目標が安田記念ですし、ここは対抗まで。本命はパクスアメリカーナ。京都金杯の勝ち方が良かったですし、ここは安田記念に向けて好発進したいところ。インディチャンプも東京新聞杯が完勝でしたし、逆転も。モズアスコットは復活できるか。穴はケイアイノーテック。芝戻りでどこまで。

 

最強牝馬、ヒシアマゾン

ヒシアマゾンの訃報が流れてきました。

最強牝馬は私の中ではいまだに〇外のヒシアマゾンです。3歳時に阪神3歳牝馬Sを制しましたが、4歳になってからは当時は〇外はクラシックに出走できず。エリザベス女王杯オークスチョウカイキャロルとの大接戦をハナ差で勝利。その後、有馬記念では三冠馬ナリタブライアンの二着。古馬になってからもオールカマー京都大賞典を制して、ジャパンカップではランドの二着と大活躍しました。

とにかく牡馬に負けない馬っぷりがいい格好いい馬でした。中館騎手との名コンビでドラマを沢山作ってくれました。キレもありましたし、距離も融通が利く万能型の名馬でしたね。

#シャケトラが調教中に骨折して安楽死、今日は残念なニュースが続きました。

 

f:id:sarahqee:20190417223500j:plain

 

サートゥルナーリア、まず一冠

皐月賞は雨が気になりましたが、なんとか持ちこたえて良馬場でのレースに。レースはランスオブプラーナが1000m通過59.0のハイペースで引っ張るタフな競馬に。人気馬は中段あたりの競馬に。

4角からヴェロックスが強気にまくるように先頭に立ちましたが、後方からサートゥルナーリアが追い込みをかけてマッチレースかと思いましたが、インからダノンキングリーが鋭い脚で抜け出しを狙う好レースに。直線でサートゥルナーリアとヴェロックスがぶつかるアクシデントもありましたが、最後はサートゥルナーリアが抜けてアマタ差で勝利しました。二着は不利があったヴェロックス、ハナ差でダノンキングリーでした。アドマイヤマーズは手応え抜群でしたが、伸び切れず4着、距離かも。穴でねらったクラージュゲリエは5着と健闘しました。

勝ったサートゥルナーリアは無敗でのクラシック制覇、しかも休み明けと文句ない競馬でした。直線で少し内側にささったのは気になりますが、日本ダービーでも人気になるでしょう。惜しかったのはヴェロックス。パドック気配も良かったし、勝ちにいっての競馬なので、仕方ないですね。次走での巻き返しに期待。ダノンキングリーも強いですね。この3強でどういう競馬になるか、今から楽しみです。

f:id:sarahqee:20190414164221j:plain

 

今年の牡馬クラシック戦線

今年の牡馬クラシック戦線は重賞戦線をみると混戦模様。重賞連勝している馬は不在ですし、しかもトライアルは伏兵が勝利。この状況だけみると、どの馬が勝ってもいいレースになりそうです。

しかし人気はサートゥルナーリアに集中。ホープフルSを勝っていますが、レースぶりや血統から期待されている逸材ということでしょうか。確かに強い競馬をしていますが、休み明けや転厩、乗り替わりなど、かなり気になる点があります。調教は抜群だったのでいい競馬はすると思いますが、そこまで人気がかぶるほどの信頼性はないと思います。対抗まで。

そこで狙いはヴェロックス。大飛びで脚質として中山2000mはどうかと思いますが、ここ二戦のレースぶりが秀逸。自らレースを作っての完勝で本格化したとみます。未知の魅力からこの馬を狙ってみます。川田の手綱にも期待。

単穴はアドマイヤマーズ。距離が気になりますが、いい枠を引きましたし、父アドマイヤメジャーが勝っているこのコースは合うはず。ダノンキングリーはひいらぎ賞勝ちから中山もOK。多頭数なので馬群をうまくさばければ。あとはファンタジスト、サトノルークス、アドマイヤジャスタあたりへ。穴はクラージュゲリエ。人気ありませんが、京都2歳Sの内容から狙ってみます。

 

 

グランアレグリア、圧勝

平成最後の桜花賞はグランアレグリアが直線抜け出して、後続を寄せ付けないまさに圧勝でした。朝日杯FS以来のぶっつけでしたが、馬は全く問題なかったですね。ルメール騎手も自信あったようですね。

確かに牝馬同士では負けなしでしたし、ダノンファンタジーにも新馬戦で完勝していたようにこの世代では抜けているようです。牡馬相手に好走していたことがここで生きましたね。距離も大丈夫そうなので、オークスでも本命候補でしょう。

二着は伏兵のシゲルピンクダイヤ。チューリップ賞でもしぶとい競馬をしていましたし、今日は和田騎手がうまく騎乗しましたね。三着クロノジェネシスは外を回されたのがもったいなかったですが、最後はいい脚を使いました。

人気のダノンファンタジーは四着。直線グランアレグリアを外から追いましたが、最後は伸び切れず。少しかかり気味だったこともありますが、この敗戦をどうみるか。期待したビーチサンバは五着。直線まではいい感じでしたが、最後は同じ脚色になってしまいました。

 

f:id:sarahqee:20190407185405j:plain

 

今年の桜花賞はハイレベル

今日は桜花賞。天候にも恵まれそうで、いい競馬に期待。阪神コースは若干時計かかっていますので、地力勝負とみます。人気のダノンファンタジーは前に行って押し切る競馬になるのか、前走のようにおさえるか。G1なので位置を取りに行くと、外枠で引っかかる可能性がありそうで、少し評価を下げます。

本命はビーチサンバ。勝ち味に遅い感じがしますが、一線級とは差のない競馬をしていますし、ここ狙いは明らかの仕上げ。福永との相性も良さそうですし、この馬は偶数外枠は歓迎。有力馬が前でやり合っている間の差し切りに期待。

相手はクロノジェネシス。この馬もビーチサンバ同様にいい競馬を繰り返しています。クイーンCではビーチサンバに快勝。ここでも好勝負できるはず。グランアレグリアは朝日杯が案外でしたが、牡馬相手ですし時計も悪くないです、休み明けがどうか。気になるのはアクアミラビリス。エルフィンSの末脚ができるか。穴はシゲルピンクダイヤ。チューリップ賞でダノンファンタジーの2着と好走。人気にならないタイプでここも。