NHKマイルカップは差し馬から

今日はNHKマイルカップ。混戦模様ですが、その分、馬券は面白くなりそうです。ポイントはペース。今年は桜花賞二着から参戦のレシステンシアがハイペースで逃げるはず。そうなると、先行馬よりも外の差し馬を狙いたくなるところ。昨年もグランアレグリアが人気で飛んだように、東京マイルの逃げは厳しいはず。単穴。

そこで狙いはタイセイビジョン。先行力もありますし、ハイペースも経験済み。東京コース実績もありますし、朝日杯2着の実績もプラス。前走は仕上げ微妙で快勝し、ここ狙い。馬体重は注意して買います。

相手はサトノインプレッサ毎日杯は馬群を割って差し切り。ハイペースがどうかですか、脚質からは向くはず。8枠ですし、東京の長い直線はこの馬向き。天候には注意しながら狙います。

ルフトシュトロームは中山で連勝していますが、東京の長い直線がどうか。おさえまで。むしろギルデットミラー、サクセッション、シャインガーネット、プリンスリターンあたりの伏兵を狙います。穴は大外のウイングレイテスト。NZトロフィーでの差し脚から東京コース向きとみて狙ってみます。

天皇賞はリピータ狙い

天皇賞は伝統の長距離G1ですが、近年はメンバーが微妙ですね。ただし、昔から変わらないのは京都長距離巧者を狙うということ。リピータや菊花賞勝ち馬が強いのも納得。今年もこの狙いで。


本命はフィエールマン。昨年の覇者で菊花賞勝ち馬。大外枠がどうかですが、頭数も多くないですし、問題ないとみます。休み明けですが、昨年も間隔が空いて勝っていますし、今年も調教をみて問題ないはず。むしろフレッシュな方が走れるタイプです。


相手は少しひねってトーセンカンビーナ。ディープインパクト産駒ですが、フィエールマンとは違うタイプ。阪神大賞典では出遅れて最後にいい脚を使っています。京都コースは得意で距離も長い方がいいとみます。同一厩舎二頭出しが多いですが、キセキが人気になるなら、こちらから。


単穴はユーキャンスマイル。阪神大賞典は完勝でした。乗り替わりで岩田が乗れないのがマイナス。昨年よりも調子はいいので、浜中がどこまで。あとは日経賞組のミッキースワロー、モズベッロ、エタリオウ。少し足りないかなと思いヒモまで。
穴はメイショウテンゲン。長距離重賞でいい競馬をしていますし、距離は伸びた方がいいタイプ。京都巧者だった母も少し気にして狙ってみます。


馬券は二頭軸マルチでメイショウを厚めに。トーセンとメイショウからの流しも少しだけ買います。

東京開幕週は前残り

今日はG1はありませんが、重賞二つ。ここはしっかり当てたいところです。

まずはフローラS。毎年難解なレースですが、今年も多頭数で難しいです。ポイントは東京開幕週の高速馬場。昨日もそうですが、明らかに内枠有利。しかも東京2000mのスタートを考えるとなおさらです。今年は人気馬が中から外枠へ集中しているので、どう考えるか。

本命はホウオウピースフル。クイーンCは案外でしたが、距離伸びていいはず。D.レーン騎乗もプラスですし、百日賞特別の走りから、馬場を考えて前でも競馬ができると思います。人気馬の中では一番死角が少ないとみます。

相手はスカイグルーヴ。新馬戦で東京も経験済みで、距離もここ狙いでいいと思います。人気と枠でどうか。ルメールがうまく乗るでしょう。単穴はウインマリリン。内枠で前に行けそうです。レッドルレーヴは調教が案外でおさえまで。あとは手広く外枠のフアナ、ヴァリアーモあたりに流して、穴は1枠のエレヴァテッツア。左回り巧者とみて厚めに。

読売マイラーズCはインディチャンプが出走。中山記念からのローテや調教の上り時計が微妙なので、人気ですが、おさえ。

本命はフィアーノロマーノ。阪急杯でも本命にしましたが、マイルの方がいいはず。調教抜群でしたし、この頭数なら前も詰まらずにスムーズに走れるでしょう。相手はヴァンドギャルド。京都いいと思いますし、4歳春でそろそろ本格化するかと。穴はヴァルディゼール。インディチャンプ抜けで狙いたい馬です。

D.レーンの騎乗に注目

皐月賞は三強ムードですが、なかなかそれで決まらないのが競馬。今年もそのパターンとみて、軸馬を決めて手広く流します。


本命はサリオス。朝日杯FSの勝ちっぷりは先行抜け出しで完勝。2着のタイセイビジョンが昨日アーリントンCを快勝したことでこの馬の力を再認識。距離も血統や馬格から問題ないですし、とにかくD.レーンを確保できたことが大きいですね。昨日は案外でしたが、今日はいい騎乗を連発しています。この馬から。


相手は一応コントレイル。東京スポーツ杯の勝ち方が圧巻。東京であのパフォーマンスはここでも上位。ムーアなら本命でしたが、内枠で福永はマイナス。馬群をうまくさばければ。サトノフラッグは弥生賞勝ちで評価されていますが、あのレースはレベルが高くなくそれほど評価はできません。勝ち方から人気になっているのであれば、ヒモまで。むしろスプリングS二着のヴェルトライゼンデを単穴にとります。相手なりに走るタイプで勝ちきれませんが、地力は上位。叩いた後で好勝負できそう。


あとはクリスタルブラック、マイラプソディ、ダーリントンホールあたりをおさえます。穴はガロアクリーク。スプリングS勝ちの内容からここでも。前走はフロックではないと思います。


◎サリオス 〇コントレイル ▲ヴェルトライゼンデ
△サトノフラッグ、クリスタルブラック、マイラプソディ、ダーリントンホール
ガロアクリーク

大混戦の桜花賞

今年の桜花賞は大混戦ムード。ここは王道路線組 vs 別路線組の構図。どこまで別路線組の能力をチェックできるかがポイントです。

 まずは王道組。阪神ジュベナイルフィリーズからチューリップ賞の3頭は強力。この3頭が共に連を外すことはおそらくないと思います。問題はどの馬からいくか。まずはレシステンシア。武豊乗り替わりと前走案外の内容から逃げてペースを作る可能性がありそう。前でスマイルカナと競り合いすぎると自分の競馬ができないかもしれません。追い切りも時計早すぎの感がありますし、少し評価を下げます。

 マルターズディオサはチューリップ賞勝ちの内容が秀逸。自在性もありますし、阪神JFからの成長も見られました。午後から雨が降りそうですが、キズナ産駒で道悪も問題なし。栗東滞在でいい調教もできていましたので、この馬を本命に。クラヴァシュドールはマルターズディオサと遜色ない評価ですが、1勝馬なので勝ち味に遅いタイプとみて単穴。リアアメリアは阪神JFからぶっつけ本番ですが、エンジンのかかりが遅いタイプでどこまで成長しているか。

 別路線ではデアリングタクトが人気ですが、相手強化でこれまでのような脚を使えるかどうか。サンクテュエールは牡馬相手にシンザン記念を勝っていますが、相手に恵まれた感あり。この2頭はおさえ。

むしろクイーンC組を狙います。ミヤマザクラはおそらくオークスでも好勝負できそうな血統背景ですが、桜花賞でも十分戦えそうです。馬場不問ですし、パワータイプで阪神馬場もあっている感じがします。対抗。穴はマジックキャッスル。三戦連続2着ですが、相手なりに走るしぶといタイプ。クイーンCの内容も良かったですし、この人気ならば狙います。

◎マルターズディオサ 〇ミヤマザクラ ▲クラヴァシュドール

△レシステンシア、デアリングタクト、サンクテュエール

☆マジックキャッスル

 

大阪杯は牝馬二頭から

今日は無観客G1第二弾、大阪杯です。昨年は混戦でアルアインが勝利。一筋縄ではいかない2000m阪神コースで今年もどうなるか。頭数は少ないですが、個性派揃い。どこから狙うか。


本命はクロノジェネシス。前走の京都記念ではカレンブーケドールに完勝。距離がどうかと思いましたが、折り合っていい競馬。成長しています。おそらく2000mあたりがベストですし、このメンバーなら押し切れるとみます。対抗はラッキーライラックエリザベス女王で復活してから香港、中山記念といい競馬ができています。前にもいけますし、休み明け二走目で上昇。デムーロだけが気になるところ。


ブラストワンピースは距離が少し足りないか。昨年は一番人気で負けていますし、エンジンかかりが遅いのが気になるところ。同様に、ダノンキングリーは1800と2000以上では別馬のようになってしまうあたりがどうか。好位からか後方からかペース次第か。ワグネリアンもダービー以降の成長に疑問。穴馬としては小倉大賞典組。カデナはスローになれば末脚勝負で。ジナンボーは新潟記念のように前で競馬をして粘れれば。

無観客G1

コロナの影響、大きいですね。外出もできないし、テレワークもストレスたまりますね。無観客のG1ですが、当てましょう。

高松宮記念は内枠が有利なコース。馬場も気になりますが、ここは内枠の馬から買います。

本命はダノンスマッシュ。前走完勝でしたし、1200mなら地力上位。少し不器用なところがありますが、ここはしっかり勝ちたいところ。

相手はタワーオブロンドン。良の方がいいタイプですが、一度叩かれて良くなっているはず。乗り替りがどうか。単穴はダイアトニック。1400巧者ですが、内枠でここでも。あとはグランアレグリア、セイウンコウセイ、モズアスコットあたりへ手広く。

穴は内枠のアウィルアウェイ。シルクロードSからの穴ローテで狙います。