夏競馬開幕

まずはラジオNIKKEI賞ハンデ戦ですが、あまり気にせずに成長が期待できる馬を狙います。本命はグレイトオーサー。東京での走りから器用さもありそう。ディアデラノビアの良さも出てきそう。成長にも期待して。相手はルリアン。外枠ですが、問題ないはず。キズナ産駒で道悪も問題なさそう。馬格もあるので、タフな競馬で逆転も。あとはアルサトワ、パラスアテナ、サクアトゥジュール。穴はバンサラッサ。


CBC賞は今年は阪神がポイント。ハンデ戦でこちらも難しいです。タイセイアベニール。前走の差し切りでここでも勝負になりそう。相手はミッキースピリット。前で競馬ができれば粘りそうです。アウィルアウェイ、レッドアンシェル。クリノガウディーは58kgはどうか。穴はグランドロア。

春のグランプリ

今日は春のG1最終戦宝塚記念。珍しくフルゲートになりました。G1馬も多く出走してきてきますが、人気は割れています。どの馬から狙うかですが、ここは勢いのある4歳馬を狙います。

本命はサートゥルナーリア。金鯱賞のレースぶりから成長を感じます。有馬記念でも好走したように、調教が直結する馬。今回の調教は抜群でしたし、素直に狙います。


相手はクロノジェネシス。道悪でタフな競馬になれば、京都記念のような競馬で押し切れるはず。大阪杯から逆転も。ラッキーライラックは安定して走れるようになりました。ここでも。グローリーヴェイズ、ブラストワンピースは長距離輸送がどうか。むしろキセキ、カデナ、ダンビュライトあたりをおさえます。穴はペルシアンナイト。

東京ダートマイルは上がり重視

ユニコーンS。三歳ダート戦線の重要な一戦。東京マイルは上がり最速を狙うのが常套手段。ここでも。

本命はカフェファラオ。前走は後手を踏んだにも関わらず、差しきり。相当強いです。血統もしっかりしていますし調教もOK。相手探し。

相手はタガノビューティー。強い相手でも走れる馬。混戦向きですし、和田にも期待。単穴はデュードヴァン。レッチェバロックは相当走りますが、東京マイルがどうか。むしろサトノラファールを買います。穴はキッズアガチャー。

函館スプリントはタイアトニック断然ですが、あえてここは連闘のジョーマンデリン。ジョーカプチーノ産駒はここは走ります。穴はマリアズハート。

荒れそうな重賞二つ

先週はアーモンドアイがまさかの2着。二頭軸マルチで買ったので配当はよかったのですが、すっきりはしない予想でした。


今日はG1ないので、軽めの予想。東西重賞あれそうですね。エプソムカップ単勝4倍台なので、信頼できない軸ですね。


本命はアイスストーム。前走はいい勝ち方でしたし、手の内に入れている感じ。この時期走る馬ですし、いい馬場を通れば差しきれると思います。相手はピースワンパラディ。道悪はいいタイプで2着までなら。この二頭から手広く流します。穴はインビジブルレイズ。


マーメイドSも難解。こちらは単勝5倍台ですし、荒れそう。本命はリープフラウミルヒ。福島牝馬Sでいい脚を使って2着。堅実な馬ですし、混戦向き。相手はセンテリュオ。勝ちきれませんが、ここでは上位。この二頭から。穴はサマーセント。

豪華メンバーの安田記念

今日は安田記念。アーモンドアイをはじめ、豪華メンバーでの東京マイル決戦。天気もなんとか持ちそうですし、いいレースを期待。

本命はアーモンドアイ。ヴィクトリアマイル馬なりで楽勝でしたが、中間も順調。最終追い切りの映像から問題ないと判断しました。東京コースは得意ですし、昨年のような不利さえなければ、天皇賞秋のような競馬ができるはず。素直に信頼します。

相手はインディチャンプ。マイラーズカップは休み明けでどうかと思いましたが、予想以上の大楽勝。昨年のマイル王ですし、ここも実力通り走れば。同じ馬主なので、ここは順位付けをしました。

単穴はグランアレグリア。前走高松宮記念は前残りの中、一頭だけ次元の違う差し脚で2着。東京マイルがどうかですが、桜花賞勝ちの内容からも問題ないはず。

ダノンの中ではダノンキングリー。なかなかG1で勝ちきれませんが、東京コースは毎日王冠での走りができれば逆転も。ダノンプレミアムはレーンでどこまで変わるか。ダノンスマッシュは単騎逃げでスローに落とせば。

あとはアドマイヤマーズ。香港マイルで勝ってきたようにマイルはいいはず。問題は休み明け。ドバイ使えずにここまで待っていますので、富士Sのような走りになる可能性も。少し評価下げます。ノームコアは持ち時計からおさえます。

穴はペルシアンナイト。時計勝負は厳しいですが、相手なりに走るタイプ。田辺乗り替わりにも期待して買います。

日本ダービーは二強対決

いよいよ日本ダービー。三歳頂点に立つのはどの馬か。今年は二強対決の感じ。さすがにあの皐月賞をみると、コントレイルとサリオスは強いです。どちらかが勝つと思います。

本命はサリオス。皐月賞は手前を変えずに叩き合いになりましたが、左回りでは手前もスムーズに変えられますので、もっと伸びます。血統的にもハーツクライ産駒の長距離適正がここで有利になるはず。ノーザンファームもさすがにここは勝たないと。

対抗はコントレイル。距離はおそらく2000mあたりがベストの体形。それでも能力の違いで勝ち負けはするはず。もまれずに前が空けば伸びてくると思います。この二頭を負かすことは相当難しいと思いますが、対戦していない馬からヴァルコス。青葉賞は勝ちに等しい内容で、距離はいいです。母がディープインパクトの半妹で底力もありそう。

あとは前走狙ったガロアクリーク。調教いいですし、血統ではなく地力で。サトノフラッグ、ウインカーネリアン、ヴェルトライゼンテはおさえ。ワーケアは人気先行の感ありで評価下げます。

穴は京都新聞杯組のディープボンド。皐月賞は惨敗でしたが馬場の影響で度外視。勝負根性がありますし、混戦で地味に伸びるタイプとみます。和田の腕にも期待します。

先行力とコース適正

オークスはデアリングタクト一強ムードですが、新興勢力なのか、桜花賞組の巻き返しか。ポイントは東京コースと先行力。最近の東京は前に行かないと勝負にならないので、先行力は必要。東京コース実績も気になるところ。デアリングタクトは桜花賞で絶対能力の違いを見せましたが、東京コースと先行力がどうか。走法や気性、血統からは問題ないと見ます。大崩れはないでしょうね。

逆転があるとすれば別路線組か。デゼルはスイトピーSが圧巻。底を見せていませんし、レーンが内枠を生かしてどう乗るか。対抗。桜花賞組からはクラヴァシュドール。ハーツクライの底力とデムーロで買います。気になるのはスマイルカナ。先行力は間違いなくありますし、単なる単距離馬ではないと思います。

あとはミヤマザクラ、マルターズディオサ、サンクテュエールあたりの桜花賞組、ウインマリリン、ホウオウピースフルのフローラS組へ。穴は忘れな草賞勝ちのウインマイティー。距離は問題ないですし、和田の一発に期待。