金鯱賞は5歳馬から

金鯱賞はここからデアリングタクトが始動。4歳牝馬がどこまで。ここは5歳馬からブラヴァスから。血統的にも晩成ですし、充実している今ならここでも。左回り中京も向いてそうです。相手はポタジェ。2着を外していない顕実な走りが魅力。明け4歳でここは試金石。あとはグローリーヴェイズ、キセキ、サンレイポケット。穴はペルシアンナイト。

阪神フィリーズレビューは超難解な一戦。何が勝っても不思議はないメンバー。本命はエイシンヒテン。距離短縮で見直し。団野の手腕にも期待。ここから手広く。

中山記念は前残り

まずは中山記念。ポイントは展開。開幕週なので前に行く馬をかいます。本命はバビット。4歳馬で前に行けます。距離も1800はベスト。福島ともコース形態似ていますし、ここは単騎逃げで。


相手はヒシイグアス。勢いありますし。前で競馬もできます。トーセンスーリア、クラージュゲリエあたりへ流します。穴はパンサラッサ。


阪急杯はダノンファンタジーから。このコースの適正は抜群。復活した今なら。相手は差し馬からインディチャンプ。マイル向きですが、確実な末脚で。穴はクリノガウディー。

フェブラリーステークスは東京実績

今年のフェブラリーステークスは大本命が不在。どの馬にもチャンスがありそう。ここは東京マイル実績と格を重視して買います。

本命はサンライズノヴァ。東京マイルは得意ですし、長い末脚が魅力。自分から競馬ができるタイプではないですが、インティやエアアルマスが前で引っ張ってハイペースになるとみて、この馬の末脚に賭けます。相手はレッドルゼル。前走根岸Sは馬郡をさばいてのいい競馬でした。距離不安がありますが、展開がむけば。カフェファラオはユニコーンSの競馬ができれば。

気になるのはソリストサンダー。この馬は力をつけていますね。格は下がりますが、前走のような前で競馬ができれば。あとはワンダーリーデルアルクトスの東京実績をおさえます。オーヴェルニュは乗り替わりがマイナス。穴はワイドファラオ。角居厩舎最後のG1でここはおさえます。

東京開幕週

まずはダート短距離戦、根岸S。なかなか難しいレースです。ここは決め手勝負の馬から。本命はレッドルゼル。前走はいい脚でした。いい枠を引きましたし、ここで。相手はタイムフライヤー。距離もこのくらいの方がいいかも。あとは初ダートのステルヴィオアルクトス、ヘリオスあたりへ。穴はスマートダンディー
シルクロードSはさらに難解。どの馬が勝っても驚かない感じですね。本命はヴェスターヴァルト。前走のいい勝ち方からここでも。相會はシヴァージ。手広く流して穴はトゥラヴェスーラ。
 

古馬の芝、ダート戦線

AJCC古馬中距離の名物レース。人気馬が取りこぼすレースですが今年もアリストテレスが人気ですが、どうか。4歳馬はそれほどレベルが高くないとみています。おさえ。
本命はステイフーリッシュ。中山は堅実ですし、軸には最適。前にも行けますし、いい競馬を期待。相手も古馬からタガノディアマンテ。ステイヤーズSはいい競馬でした。
あとはウインマリリン、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンテをおさえ。穴はラストドラフト。

東海SフェブラリーSの前哨戦。インティは顕実ですが、ハンデがどうか。対抗まで。本命はオーヴェルニュ。連勝中ですし、いい脚を長く使えるのは中京向きとみます。あとはタイキフェルヴェール、ダノンスプレンダ、アナザートゥルース。穴はグレートタイム。

新馬戦のレベル

今日は重賞2つ。まずは京成杯から。中山2000mである程度前に行ける脚も必要。ポイントはこれまで戦ってきたメンバーレベル。新馬勝ちでもレベルが高ければ勝負になります。
本命はテンバガー。8月小倉以来ですが、調教は問題なし。新馬はダノンザキッドに負けましたが、実は人気はこちらが上。未勝利はいい勝ち方ですし、奥がありそうな馬です。モーリス産駒は中山はいいはず。
相手はタイムトゥヘヴン。母は桜花賞馬で前走から中山は良さそう。あとはグラティアス、タイソウ、プラチナトレジャー、ディクテイターあたりへ。穴はキズナ産駒のラカン
日経新春杯は難しいですね。ヴェロックスの復活に期待。アドマイヤビルゴは多頭数でどうか。穴はショウリュウイクゾ。

シンザン記念は牝馬

今日はシンザン記念。最近は大物も勝つレースですが、今年はどうか。

本命はククナ。この馬いいですね。調教抜群で反応はアーモンドアイみたいに切れるタイプ。中京の長い直線も向きそうですし、桜花賞でも好勝負できる器と見ます。相手はバスラットレオン。朝日杯FSは前で競馬して粘りました。キレるタイプではないですが、いい位置でどこまで。あとは、ピクシーナイト。出負けしなければ。ダディーズビビット、レゾンドゥスリール、ロードマックスあたりへ。穴はルーズネクスト。