大阪杯へのステップ

まずは金鯱賞から。大阪杯の前哨戦の位置付けですが、なかなかのメンバー構成になりました。最近の中京は時計がかかる馬場なのでタフな競馬のなりそう。 本命はペルシアンナイト。休み明け微妙な馬ですが、調教から良さそう。デムーロにも期待。相手はエアウ…

東京マイルのダート

今日はG1フェブラリーS。なかなかの好メンバーが揃いました。連勝中の上がり馬か、実績馬か。ここは東京マイルという特殊なコースを考慮して、実績重視で。 本命はゴールドドリーム。昨年2着ですが、コース実績は抜群。長くいい脚を使える強みも生かして。大…

東京マイルは混戦

今日は重賞2つ。東京新聞杯は混戦。藤沢厩舎が三頭出しで人気ですが、どうか。この中ではルメールが選択したタワーオブロンドン。前走は休み明けで今回に期待。マイルも合うはず。相手は前にいけるロジクライ。富士Sのようなレースができれば。あとは手広く…

東京1400mダートは前狙い

根岸SはフェブラリーS前哨戦として重要。前残りが多い東京1400mなので、前に行く馬から買います。本命はマテラスカイ。JBCも勝ちに近いレース内容。思い切って前に行ければ。 相手はサンライズノヴァ。コース得意ですし、確実にいい脚を使います。コパノキッ…

今年の古馬戦線

AJCCは菊花賞馬フィエールマンが参戦。中距離でも力は出せるはずですし、有馬記念をパスしたのも好印象。調教も良かったので、素直に買います。相手はダンビュライト。昨年のような競馬のなれば。ジェネラーレウーノはスタミナ勝負に持ち込めれば。穴はショ…

シンザン記念は前走内容から

昨日は軸がしっかり当たりました。新年、幸先の良いスタート。今日はシンザン記念の予想。昨年はアーモンドアイが未勝利勝ちから完勝したように、狙いは前走未勝利で強い競馬をした馬から。本命はミッキーブリランテ。1800mでの二戦の内容が秀逸。前で競馬も…

謹賀新年

早速、金杯予想を軽めに。まずは中山金杯から。なかなか難しいレースです。ここは少しひねってステイフーリッシュから。距離も2000mがベストですし、前で競馬もできそう。人気もないので。相手はマウントゴールドで。エアアンセムは安定感から。穴はストロン…

キセキのペース

いよいよ有馬記念。今年は大物不在でどの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成。枠が重要なコースですが、それよりも展開が気になります。逃げ馬不在でスローは間違いなさそうですが、近走からキセキが前に行くでしょう。JCでもペースを作ってレコード。…

朝日杯FSは完成度から

朝日杯FSは今年も牝馬が一番人気。グランアレグリアは確かに潜在能力は高いですが、気性が気になります。前走も結構、かかっての勝利。操縦性が難しそうな馬で、つけ入るすきはありそう。完成度からアドマイヤマーズを本命にします。いい脚を長く使うタイプ…

2歳牝馬は完成度

阪神ジュビナイルフィリーズはグランアレグリアが回避したことにより混戦模様。ここは完成度からダノンファンタジーから。前走は完勝で、グラン不在なら。相手はビーチサンバ。前で競馬ができれば。あとはクロスジェネシス、シェーングランツあたり。タニノ…

チャンピオンカップは前狙い

チャンピオンカップの予想です。このレースは前残りのイメージが強いですね。ここは先行できる馬から買います。 本命はサンライズソア。前走は厳しい流れでよく残ってます。今回はモレイラですし、前でどこまで。展開次第ですが、残る可能性にかけます。 相…

アーモンドアイ、脅威のレコード

今年のジャパンカップは歴史に残る好レースになりました。勝ったアーモンドアイは二番手で折り合いながら、直線で抜けだす快勝。ルメール騎手も馬の力を信じての騎乗で、まさに人馬一体という感じでした。パドックで少しテンションが高いかなと思いましたが…

三歳牝馬のJC制覇か

ジャパンカップはアーモンドアイ一強ムードです。牝馬三冠は完勝でしたが、古馬相手にどうか。展開としてはスローで瞬発力勝負になりそうな馬場なので、アーモンドアイには絶好な馬場。オークスのようにある程度前に行って、末脚勝負であれば53kgの軽量を生…

ステルヴィオ、新マイル王へ

今年のマイルチャンピオンシップは混戦が予想されましたが、終わってみればいい競馬をした実力馬が勝ちました。勝ったステルヴィオは三歳でのG1マイル制覇。今年はスプリングSで皐月賞エポカドーロに競り勝ち、クラシックは惜敗でしたが、休み明けの毎日王冠…

ペルシアンナイトの連覇に期待

今年のマイルCSは混戦模様。絶対王者がいないので、どこからでも買えるレースになりそうです。モズアスコットは安田記念を連闘で制覇。ただ意外と勝ち味に遅いタイプで取りこぼしもあります。前走からの上積みはありそうですが、単穴まで。本命はペルシアン…

古馬の地力

エリザベス女王杯は古馬と三歳牝馬の比較が重要です。今年の三歳牝馬はアーモンドアイが断然ですが、そのほかはどうか。古馬牝馬は牡馬相手に勝負できる馬もいますし、ここは古馬を上位に取ります。本命はモズカッチャン。連覇がかかっています。札幌記念で…

レイデオロ、完勝

今年の秋の天皇賞はダンビュライトの放馬の波乱から始まりました。スタートで1番人気のスワーヴリチャードが出遅れ。これはマカヒキに寄られてぶつけられたことが原因のようです。どの馬が行くかと思いましたが、キセキが好判断で先手を取ってマイペースに。…

ローテーションと高速馬場

天皇賞秋はG1馬が7頭出走していますが、12頭立てと少頭数に。実力通りの競馬ができそうです。ポイントは東京コースと時計。2000mは内枠有利ですが、少頭数なので、あまり気にしなくていいでしょう。本命はキセキ。高速決着は向いていますし、毎日王冠から参…

フィエールマン、菊花賞制覇

昨日の菊花賞はスローペースの中、直線勝負にかけたルメール騎乗の関東馬フィエールマンがキャリア4戦でG1制覇を飾りました。馬を仕上げた陣営は見事でしたし、ルメールの勝負勘も流石でした。ディープインパクト産駒でまだ成長の余地もありそうです。これは…

混戦の菊花賞

今年の菊花賞はダービー馬でTR勝ちのワグネリアンが不在。どの馬にもチャンスがありそう。最近の菊花賞は圧倒的に関西馬が優勢なのも注意。本命はエタリオウ。TRは2着で、ダービー4着。ステイゴールド産駒でデムーロ。脚質が少し後ろからで気になりますが、…

アーモンドアイ、三冠制覇

秋華賞はアーモンドアイが休み明けで+18kgの余裕のある馬体で完勝しました。展開としては京都内回り2000mで前残りでしたが、大外を回しての末脚一気でしたので、このメンバーでは次元が違いました。G1三冠は全て上がり最速ですし、文句ない牝馬三冠でしたね…

アーモンドアイの競馬

今日は秋華賞。アーモンドアイの三冠が注目ですが、ちょっと実力が抜けていると思います。調教も抜群でしたし、死角はほとんどないですね。あるとすれば、前残りだけですね。相手も絞らないと馬券にならないので、前に行く馬を中心に狙います。ミッキーチャ…

休み明けの取捨

京都大賞典は頭数は少ないですが、天皇賞やジャパンCに向けた重要な一戦。ここは休み明けのデキがポイント。本命はシュヴァルグラン。昨年よりもフレッシュなローテーションですし、頭数が少なく、もまれずに競馬ができそう。相手は少しひねってスマートレイ…

スーパーG2 毎日王冠は上がり馬

今日は毎日王冠。天皇賞につながるいいレースに期待。人気は牝馬アエロリットですが、モレイラとのコンビがどうか。どうも乗り難しい馬のイメージがあるので、テン乗りはマイナス。本命はサトノアーサー。エプソムCからのローテーションは王道。東京1800mは…

ファインニードル、スプリント王へ

雨の中、開催されたスプリンターズSはファインニードルが直線で鋭く伸びて、抜け出しを図ったラブカンプーを差し切りました。これで今年は国内負けなしでのスプリントG1連勝となりました。今年に入って川田騎手との手があうのか、別馬のようにいい脚を使うよ…

ファインニードルの地力

スプリンターズSは最終週で馬場が荒れてきていますので、差し有利な印象がありますが、前が残るレースです。昨年もレッドファルクスの差しが目立ちましたが、ワンスインナムーンが厳しい前の展開で残りました。今年も前が早くなりそうで注意が必要です。本命…

夏競馬開幕

ラジオNIKKEI賞はフィエールマンが人気ですが、小回りがどうか。本命はメイショウテッコン。白百合Sの勝ち方が秀逸。自分で競馬ができるのが強み。ハンデが気になりますが、ここから手広く。穴は牝馬ロードライト。CBC賞は難解。どの馬が勝ってもおかしくな…

ミッキーロケット和田、初戴冠

今年の宝塚記念は大本命不在でしたが、結果的には面白い競馬になりました。ミッキーロケットは内枠をうまく利用して和田騎手が完璧な騎乗をしましたね。抜け出すタイミングもよかったですし、馬もそれにこたえていました。距離も2200mがあっているように思い…

宝塚記念は格で勝負

宝塚記念は混戦模様。単勝人気から見てもここは穴狙いで勝負。本命は香港のワーザー。国際G1勝ちもあるようにこのメンバーでは格上。馬場がどうかですが、追いきりをみても勝負してきています。ボウマンの腕にも期待して、ここから流します。相手は上り馬ス…

注目の三歳ダート戦

ユンコーンSは三歳ダート路線の今後を占う重要な一戦。東京1600mという特殊なコースでどういう競馬になるか。本命はバイラ。端午Sは人気薄で快勝。ヘニーヒューズ産駒で距離が若干気になりますが、うまくレースを運べば。相手はハーベストムーン。 鳳雛Sの勝…