レベル疑問のジャパンカップダート

今日はジャパンカップダート。外国馬が出走せず、日本馬も一線級がいないレベルに疑問がつくメンバー構成になってしまいましたね。海外は季節外れですし、この時期での開催はそろそろ見直しをした方がいいように思います。

そうは言っても馬券は当てなければなりません。阪神ダートは比較的重い傾向にありますが、G1なのでスピード傾向に変わる可能性が高いです。今回のメンバーでスピードの絶対値が違うのはトランセンド。3歳時のレパードSでは能力の片鱗は見せていましたが、この秋に本格化。みやこSは後続に影を踏ませぬ快勝。今回はいい枠を引きましたし、ここではいい競馬を見せるはずです。

相手は少しひねってラヴェリータ。前走は特殊な馬場だったようで参考外。ある程度、前に行って流れに乗った時は強い競馬ができる馬。岩田騎手への乗り替わりもプラスとみて、ここは狙います。あとは力をつけてきたキングスエンブレム。馬格がないのでいかに馬群を上手くさばけるかがポイント。シルクメビウスも最内枠を引いたので同様です。

人気になっているアリゼオは初のダートでG1は少し厳しい感じがします。グロリアスノアオーロマイスターヴァーミリアンあたりはおさえて、穴はクリールパッション。

トランセンド ○ラヴェリータ ▲キングスエンブレム
シルクメビウスグロリアスノアオーロマイスターヴァーミリアンアリゼオ
☆クリールパッション