難しい競馬が続く

今週は雨の影響を受けて難しい競馬でした。

まずは土曜阪神アーリントンカップ。終始逃げたコスモセンサーが前残りの展開も味方して逃げ切り勝ちでした。京王杯2歳S以来の競馬でしたが、馬が良くなってました。短距離戦線ならいい競馬ができそうです。2着は一番人気ザタイキでした。位置取りが後ろすぎて直線入ってから前が詰まっていましたが、最後は良く伸びて来ました。まだまだ見限れない馬です。穴で気になっていたレトが3着。今回はあまり強いメンバーではなかったように思います。

日曜阪神はスプリント路線の重要なステップ阪急杯でした。逃げた馬には厳しい展開でしたが、先行して我慢していたエーシンフォワードが直線抜けて快勝でした。使い詰めですが、よく走っています。距離もマイルより1400の方が良さそうです。高松宮記念に向けて順調にいけば好勝負でしょう。2着も先行したワンカラット。4歳牝馬ですが、侮れない一頭です。3着はサンカルロ。後方から良く伸びました。勝ちきれませんが、中京で思い切った競馬ができれば。人気のトライアンフマーチは少し離された4着でした。なかなか難しい馬のようです。

エーシンフォワード_阪急杯



最後に中山記念。馬場がかなり重くて馬場適性の高い馬とそうでない馬との差が結果に直結したレースになりました。勝ったトーセンクラウンはなかなか勝ち切れない馬でしたが、重馬場は全く問題ない感じでした。2着はテイエムアンコール。気がつけばオペラハウス産駒の1,2着でした。3着も道悪巧者のショウワモダンでした。人気のキングストリートは結果としては人気先行でしたが、良馬場なら巻き返せます。どちらにしてもあまり参考にならない競馬でした。