冬競馬は難しい

まずは来年のクラシックにつながる可能性のある京成杯から。抜けた存在がいないメンバー構成で難しいです。ここは素直に格で勝負。朝日杯4着のユウチェンジから。アイビーSでも好走してはいますが、勝ちきれませんが安定しています。軸はこの馬。

相手は過剰人気ウムブルフ。相手が弱かった前走は鵜呑みにはできませんが、素質は感じる馬です。ベリーも魅力。あとはメートルダール、マイネルラフレシアあたりへ手広く。穴はナムラシングン。人気そこそこでねらい目。

日経新春杯も抜けた馬がいないので難しいですね。上り馬シュヴァルグランがどこまで。ルメールで馬もできてきていますので、連軸はこの馬か。相手はプロミントーリオ。M.デムーロ人気ですがアルゼンチンは馬場不向きで度外視。あとはレーヴミストラル、アドマイヤフライト、ベルーフ。穴はそろそろダコール