難解な牝馬重賞

昨日は難解な牝馬重賞が2つありましたが、ポイントは馬場と騎手にあったように思います。


まずはフィリーズレビュー阪神1400はペースが速くなる傾向があるので、混戦の場合には、本番の桜花賞とは違って正攻法で前に行くよりも末脚にかけた方がはまる傾向にあります。安藤勝騎手はそのあたりを良く知っているからこそ、ベストオブミーを後方待機で最内をつく騎乗ができたように思います。勝ったマイネレーツェル騎乗の池添騎手も馬格のない馬をもまれない外に出して末脚にかけたのは正解でした。一方、敗れたエイムアットビップは熱発明けとはいえ、直線で失速したのは不可解でした。本番では思い切って逃げた方がいいかもしれません。エーソングフォーも同様で、前に行って全くいいところなしでした。チューリップ賞組との比較が難しくなりました。


中山牝馬Sも難解な一戦でした。先週の中山芝は前残りの競馬が多く、結局前に行ったヤマニンベルメイユが押し切って勝利しました。メジロマックイーン産駒で渋った馬場も味方したように思います。マイネカンナは後方から軽ハンデを生かしてよく伸びてきました。キストゥヘヴンも復調してきたようです。

期待したニシノマナムスメは良く頑張っていますが、今の中山は向いていないようです。レインダンスは休み明けのせいでしょうか、全く走れませんでした。


土曜中京のファルコンSはダノンゴーゴーは素晴らしい末脚で完勝でした。現状は1200がベストのようで、番組的にこのあとはマイルあたりを使ってくると思いますが、過信は禁物でしょう。TRアネモネSソーマジックが完勝。距離伸びても良さそうですので、長い目でみたいですね。人気のブーケフレグランスは失速、難しい馬のようです。