TRレースの見方

本日は京都で菊花賞。3000mの過酷の距離に3歳最後のクラシックをかけて競い合います。このレースは固いか大荒れのどちらかになる傾向があります。この見分け方はTRレースで判断できることが多いです。


今年は神戸新聞杯が中京で行われたので判断が難しいかと思ったんですが、春実績馬のドリームパスポートが勝ち、2冠馬メイショウサムソンが2着と格の違いを見せ付ける結果でした。一方、セントライト記念は4角での落馬の影響がありこちらも判断が難しいです。トーセンシャナオートウショウシロッコが1、2着しましたが、負けた馬にもチャンスはあると思います。


本命はメイショウサンムソン。この馬の安定感は抜群なので、2着まではあると思います。もしこの馬の3冠を阻止するとしたら、やはりダービー2着馬アドマイヤメイン。先手を取れれば好勝負です。あとはTR勝ちのドリームパスポートマルカシェンク毎日王冠からの変則ローテですが、キレ勝負になれば。穴はトーセンシャナオーソングオブウインド


メイショウサムソン ○アドマイヤメイン ▲ドリームパスポート

マルカシェンクソングオブウインドトーセンシャナオー