スタミナ勝負の菊花賞

菊花賞は春のクラシック勝ち馬不在で混戦モード。ここは上り馬か実績馬か。ポイントはトライアルレースでの結果。神戸新聞杯も、セントライト記念も春の実績馬が勝利。この結果から実績馬を上に取ります。ステラヴェローチェは神戸新聞杯を勝ちましたが、どちらかというと重馬場巧者。スタミナは十分ですが、キレ負けしそうな感じがします。対抗まで。
本命はタイトルホルダー。セントライト記念も期待しましたが、人気で内側に包まれて競馬が全くできず。この馬は人気がない時の方が走ります。弥生賞勝ち、皐月賞2着の中山巧者ぶりから、阪神は全く問題なさそう。距離も伸びた方がいいタイプと見ます。横山武史も今回はある程度前で抜け出すイメージで騎乗するはず。4番人気ならこの馬から。
単穴はオーソクレース。ルメールですし、マリアライトの底力でここでも。レッドジェネス、アサマノイタズラ、ヴィクティファルス、ヴァイルメテオール、エアサージュ、ディヴァインラヴあたりへ。穴は前走も推したモンテディオ。スタミナ勝負なら。