シンザン記念は牝馬

今日はシンザン記念。最近は大物も勝つレースですが、今年はどうか。

本命はククナ。この馬いいですね。調教抜群で反応はアーモンドアイみたいに切れるタイプ。中京の長い直線も向きそうですし、桜花賞でも好勝負できる器と見ます。相手はバスラットレオン。朝日杯FSは前で競馬して粘りました。キレるタイプではないですが、いい位置でどこまで。あとは、ピクシーナイト。出負けしなければ。ダディーズビビット、レゾンドゥスリール、ロードマックスあたりへ。穴はルーズネクスト。

タフな馬場と距離適性から

今年の中山12月開催はかなりタフな馬場になっています。瞬発力というより持久力に長けている馬を狙います。

クロノジェノシスは宝塚記念を快勝したようにタフな馬場向きな血統構成。この馬場なら押し切りも。ただ距離適性がどうか。中山初コースで牝馬。ここは対抗まで。

本命はフィエールマン。天皇賞春を連覇しているようにタフさはこの馬。切れ味も見せますが、ここはルメールが前で競馬をして押し切るような展開に期待。騎手でこちらを上にとります。

あとはラッキーライラック、カレンブーケドール、ラヴズオンリーユーあたりを厚めに。キセキやオーソリティはおさえ。穴は同じディープ産駒のサラキア。この馬の長くいい脚を使うレースができれば。

朝日杯FSは競馬センス

朝日杯FSは最近ホープフルSへいい馬が行くのでレベルが疑問。マイラータイプが好走する印象があります。

本目はレッドベルオーブ。前走よりも新馬戦に注目。センスがいいタイプで完成度も高いです。ここなら。相手はグレナディアガーズ。前走が優秀な内容。ここでも勝負になるとみます。あとはステラヴェローチェ、ホウオウアマゾン、モントライゼあたりへ。ショックアクション、ドゥラモンドはおさえ。穴はバスラットレオン。

混戦の二歳牝馬G1

先週は荒れましたね、今日のG1も三歳牝馬なので荒れるかも。ポイントは前残り。今の阪神は前に行かないと勝負にならないので、先行馬から買います。キレ勝負の馬はおさえ。あとは距離延長の馬はこのレースは不要。同じマイルか、距離短縮の馬を買います。

本命はインフィナイト。道悪競馬が続いていますが、血統的に問題ないはず。牡馬相手に好走していますし人気の盲点とみて買います。対抗はソダシ。安定感ならこの馬ですが、芝スピード競馬でどうか。メイケイエールは距離がかぎ。サトノレイナスは前につけられれば。穴はジェラルディーナ。ジェンティルドンナの子で一発に期待。

クリソベリル断然

チャンピオンカップはクリソベリルがどう勝つかという感じがしています。国内負けなしですし、勝負根性もあります。ここは連覇濃厚とみます。

相手はサンライズノヴァ。同じ厩舎ですが、こちらは差し脚が魅力。クリソベリルが前の馬を全部潰して、この馬が伸びてくるイメージです。あとは馬体重次第でタイムフライヤー。札幌エルムSが好内容。あとはクリンチャー、ゴールドドリーム、チュウワウィザード。カフェファラオはおさえ。穴はエアアルマス。調教絶好でしたし、もまれない競馬で粘れれば。

豪華メンバーのジャパンカップ

今日のジャパンカップ三冠馬3頭という豪華メンバーになりましたね。どういう競馬になるか。ポイントは馬場。今の東京コースは内側が荒れてきていてある程度は位置取りを考えないと伸びません。こういうコースはやはりルメール。いい馬場を選んでレースをします。ここはアーモンドアイ本命。

相手は一応、コントレイル。ダービーのように外を通っていい位置を取れれば。馬群に押し込められる危険もありそう。デアリングタクトはオークスで馬群を割ってきたように根性がありそう。混戦ならば逆転も。あとはローテーションがいいカレンブーケドールとグローリーヴェイズあたりへ厚めに。穴はキセキ。一昨年ぐらい走れれば。2からの馬連馬単3連単で勝負。

 

サリオスの底力に期待

マイルチャンピオンシップは豪華メンバーでいいレースに期待。グランアレグリアスプリンターズSからの参戦。前走のキレは本物ですが、マイルではあのキレばどうか。短距離志向が強くなっているとみて、阪神マイルなら取りこぼしも。対抗。

サリオスは朝日杯完勝している阪神マイルなら地力勝負で勝ちきれるはず。大外枠ももまれずにいいはず。距離不安はないとみて本命。あとはインディチャンプ、アドマイヤマーズのG1馬へ。サウンドキアラ、手広く。穴はスカーレットカラー。