冬の中山2000mはタフさ

まずは京成杯から。この時期の中山2000mは底力が試されるレース。スピードよりもタフさが求められます。本命はヴェールランス。エリカ賞は勝ちに行っての2着。距離は全く問題ないですし、前に行けます。キタサンブラック産駒は底力ありそうです。相手はテンダンス。東スポ杯は相手が強かったですが、この馬の力は出せています。このメンバなら。アライバルは新潟以来の実戦がどうか。むしろオニャンコポン、ホウホウプレミアを上に取ります。穴は前走内容からロジハービン。
 
日経新春杯は今年は中京。ステラヴェローチェが有馬記念からの出走。強行軍で人気までの信頼はどうか。本命はグラヴェル牝馬ですが、堅実。ハンデも手ごろですし、枠もいいです。ここからフライライクバード、ヨーホーレイクへ。穴は川須マイネルウィルトス。
 

荒れるフェアリーS

フェアリーSは荒れる重賞。10番人気以下が結構くるレース。人気馬は敢えて避けて、人気フ薄から手広く流します。
 
本命はスクルトゥーラから。新馬勝ちがセンスよくてハイレベル。このメンバーなら即通用と見ます。相手はエバーシャドネー。新馬でまかした相手が昨日の重賞勝ち馬。この馬も通用するはず。あとは手広く。スプリットザシーも気になります。
 
穴はスピードグラマー。未勝利勝ちからですが、調教が抜群で狙います。

中京のシンザン記念

今日は三日間開催の中日。シンザン記念は今年は中京。なかなか難しい馬券になりそう。
 
本命はソリタリオ。前に行ける脚質ですし、混戦で軸ならこの馬。C.デムーロも魅力。ここからで。相手はレッドベルアーム。川田ですし、前走よりも走るはず。
 
ラスールは新馬勝ちからですが、少し過剰人気かも。むしろマテンロウオリオンとか、ウナギノボリの方に魅力を感じます。穴はデルマグレムリンの差し脚。