固いダート戦線

チャンピオンCは昨年のパフォーマンスからテーオーケインズで固いですね。左回りは確実に走りますし、相手もそれほどでは無いので、ここは鉄板でしょう。
相手はグロリアムンディ。宝塚記念は度外視。ダートなら顕実、内枠を活かしてどこまで。単穴はジュンライトボルト。ダートで開花。強い相手にどこまで。
あとは3歳勢のクラウンプライド、ハピ。穴は距離延長ですが、シャマルの一発。調教よかったので、買います。
 

ダノンベルーガの一発

今年のジャパンCはメンバーが少し小粒なイメージ。外国勢もそこまで推せる馬がいないので、素直に日本勢から狙います。
本命はダノンベルーガ天皇賞も狙いましたが、いい内容の3着。東京コースは共同通信杯勝ちがあるように相性はいいはず。2400mはギリギリな感じですが、このメンバーなら。
相手は新星ヴェラアズール。京都大賞典の勝ち方が圧巻。初重賞勝ちの勢いで。ムーア騎乗も怖いですね。あとはレーンのヴェルトライゼンデ。左回り巧者の可能性もあります。
シャフリヤールはここ狙いですが、どこまで復調しているか。外国勢では1枠の二頭が気になります。穴はテーオーロイヤル。前走は不利で度外視。

マイルCSは固めの決着

今日はマイルCS。馬場が少し気になりますが、近年は固めの決着が多いので、無理に穴は狙わずヒモ狙いで行きます。
本命はダノンスコーピオン。NHKマイル覇者で前走は2キロ重い中でいい内容。少し早めに抜け出すイメージで。相手はシュネルマイスター。前走は度外視でここ狙いが好感。昨年2着で今年こそ。
あとはセリフォス、ソダシ、サリオス、ソウルラッシュなどの人気馬へ流します。穴はファルコニア。池添の一発に期待。