無観客G1

コロナの影響、大きいですね。外出もできないし、テレワークもストレスたまりますね。無観客のG1ですが、当てましょう。

高松宮記念は内枠が有利なコース。馬場も気になりますが、ここは内枠の馬から買います。

本命はダノンスマッシュ。前走完勝でしたし、1200mなら地力上位。少し不器用なところがありますが、ここはしっかり勝ちたいところ。

相手はタワーオブロンドン。良の方がいいタイプですが、一度叩かれて良くなっているはず。乗り替りがどうか。単穴はダイアトニック。1400巧者ですが、内枠でここでも。あとはグランアレグリア、セイウンコウセイ、モズアスコットあたりへ手広く。

穴は内枠のアウィルアウェイ。シルクロードSからの穴ローテで狙います。

少頭数の買い方

阪神大賞典はムイトオブリガードから。調教抜群で狙います。良馬場で走れるはず。キセキとの2頭軸で。穴はトレッドノータス。

スプリングSはヴェルトライゼンデで固いと思います。ここは負けられない一戦。前走狙ったココロノトウダイとの2頭軸。穴はアオイクレアトール

フィリーズレビューはここ狙いの馬

まずはフィリーズレビュー桜花賞に直結しないレースですが今年も混戦。ここ狙いの馬もいますし、人気は信用しないで買います。本命はアヌラーダプラ。前走も狙ったんですが、気性に難があるようで、距離短縮はプラス。東京1400m勝ちが良かったので、今回も狙います。三浦に乗り替わりもプラス。

相手はケープコッド。クリスマスローズSで混戦から勝負根性で勝ったレースを評価。カリオストロはいい枠を引きました。ヤマカツマーメイドなど手広く流して、穴はヴァラークラウン。

金鯱賞はサートゥルーナリアが人気ですが、左回りがどうか。ここは連勝中のロードマイウェイ。勢いありますし、ハンデとしても有利。気楽な立場で。サトノガーネット、ラストドラフトあたりへ流して、穴はサトノソルタス。

皐月賞へのステップ

弥生賞はいつのまにかディープインパクト記念になりましたね。なんかしっくりきませんが、慣れてくるのでしょうか?今年も頭数少なめですが、意外と難解な一戦。弥生賞をステップにクラシックに行く路線が近年変わってきたようで、直行も増えてきていますね。今年も有力馬は直行のようで波乱の可能性も。
 
今年はサトノフラッグが人気ですが、そこまで信頼できないと思います。まだ力が足りないですし、道悪競馬もどうか。ここはワーケアから買います。この馬、エンジンかかるのが遅いようですが、このメンバーならば力は上のはず。重賞でも好走しているように、ここはしっかり勝って皐月賞へ。
 
相手はオーソリティ。この馬は新馬戦でブラックホールに勝っていますし、前走は少し太めのこり。ここは一発。あとはウインカーネリアン。道悪で時計がかかれば。穴はパンサラッサ。この馬も道悪は歓迎ですし、人気もないので狙います。

権利取り狙いの馬から

チューリップ賞はレシステンシアがここから始動。阪神JFではハイペースで逃げ切り勝ち。マイルなら押し切れますが、狙いは次走、対抗まで。ここで権利が欲しい馬を狙います。


狙いはクラヴァシュドール。前走も狙いましたが、賞金的にクラシック出走を確定させるにはここを勝ちたいところ。ハーツクライ産駒で成長にも期待。あとはウーマンズハート、スマイルカナ、マルターズディオサあたりへ。穴はショウリュウハル。母ショウリュウムーンがこのレース勝っていますし、前走内容から。


オーシャンSは荒れるレース。ここは穴狙いをしたいです。人気のタワーオブロンドンは調教ちぐはぐ。次走狙いでしょう。ダノンシュマッシュも香港からの休み明けでどうか。


人気馬の中ではナックビーナスが一番減点が少ないように思います。このレースとの相性も抜群ですし、本命に。あとは人気馬に流して、穴はレジーナフォルテ。中山の芝1200は得意。

ドバイへ向けての一戦

まずは中山記念。頭数少ないですが、好メンバー。ここからドバイの馬を多いようです。ここは充実しているインディチャンプから。春秋マイル連覇で、中山コースなら1800でも。いい枠ですし、手ごろな人気で。

相手はラッキーライラックエリザベス女王杯で復活しましたが、もともと1800あたりがいい馬。昨年同様、自分で競馬作れれば。ダノンキングリーは人気ですが、東京の方がいいはず。むしろ穴でペルシアンナイトを買います。この馬は皐月賞2着でここでも。


阪急杯は頭数が多くなりました。ここは復活に期待のステルヴィオ。もともとマイルがいい馬ですし、距離短縮はプラスとみます。相手はダイアトニック。スワンS勝ちでこのメンバーなら上位。フィアーノロマーノ、マイスタイルへ流して、穴は大外のスマートオーディン

 

フェブラリーステークスは東京巧者狙い

今年のフェブラリーステークスはチャンピオンカップ1,2着馬がサウジアラビア遠征で不在。一方、新興勢力も不在で、狙いが絞りずらい一戦。どこからいくか。

人気は前走、初ダートであっと言わせたモズアスコット。安田記念勝ちがあるようにスピードはありますが、いかんせん安定感がない実績。好走、凡走を繰り返す馬で信頼できないですね。しかも初のG1ダート戦。人気も背負って出負けの可能性もありますし、単穴まで。

本命は連覇を狙うインティ。昨年の勢いはありませんが、武豊が手の内に入れてますし、展開的にも前が有利な馬場でこの馬向きになりそう。ハナが理想ですが、番手でも競馬はできるはず。昨年より相手関係も弱いですし、連覇に期待。

対抗はサンライズノヴァ。東京マイルは走りますが、後ろから行く脚質が今の東京でどうか。あくまで後方から伸びる組で先着を期待。

穴で気になるのはワイドファラオ。ユニコーンS勝ちのようにハナを切れば粘れます。福永でスタートを決めれば逆転も。アルクトスは新興勢力で狙います。穴はノンコノユメ。地方に行っても衰え知らず。このコース得意ですし、一発に期待します。