エプソムCは4歳馬中心

エプソムCは4歳馬が強いレース。ここはアルジャンナから。ルメール確保も大きいですが、叩き三戦目で上向き。今の東京の馬場なら。相手はファルコニア。強い相手にどうかですが、センスがある馬。前でどこまで。シュリ、ザダルの5歳馬を相手に。ヤシャマル、サトノフラッグの4歳馬に流します。穴はマイラプソディ。

札幌の函館スプリントは難解。ハンデ軽い馬もいるので難しいですね。本命はカレンモエ。1200なら地力で。相手はミッキーブリランテ。シゲルピンクルビー、ビアンフェあたりへ。穴はジャステン。

東京マイルならこの馬

安田記念はグランアレグリアの連覇がかかりますが、アーモンドアイも中二週で負けているように鬼門。強さは認めますが、対抗まで。

本命はサリオス。ここ二戦は惜敗ですが、東京マイルならばいい競馬ができそう。内枠である程度前に行って抜け出して押し切るイメージです。手前を変えられば。

あとはインディチャンプ、ケイデンスコール、ラウダシオン、シュネルマイスターあたりへ。穴はカタナ。連勝の勢いで。

日本ダービーは別路線組から

いよいよ日本ダービーですね。今年はエフフォーリアが人気ですが、どうか。

エフフォーリアは東京コース実績もありますし、皐月賞も圧勝でした。ここは軸に最適ですが、2400がどうか。内枠もいいですが、横山武史がここで勝てるか。対抗まで。

本命は別路線組からグレートマジシャン。ハイレベルの毎日杯で惜しい二着。外を回る不利もありました。中間はここ一本に絞っていい調教でしたし、戸崎の一発にも期待。

あとはシャフリヤール、レッドジェネシス、ステラヴェローチェ、ワンダフルタウンなどへ手広く。サトノレイナス牝馬ですし、過信は禁物。穴は内枠からヴィクティファルス。

目黒記念は難解ですが、ヒートオンビートから。東京2500ならもっといい競馬ができそう。手広く流して、穴はダンスディライト。

オークス血統で勝負

今年は桜花賞組が優勢な感じです。ソダシが人気ですが、血統的にはマイルがベストな感じがします。桜花賞の勝ち方もマイラータイプとみます。対抗まで。

本命はアカイトリノムスメ。こちらは血統的にはディープ、アパパネなので問題なし。ルメール確保も大きいですね。この馬から流します。ファインルージュは母系が短距離なので、おさえまで。ヒモ狙いとしてはステラリア、クールキャット、ククナ、ユーバーレーベンあたり。穴はスルーセブンシーズの一発。前走ミモザ賞の勝ち方から距離適性ありとみます。

 

レシステンシアの充実に注目

ヴィクトリアマイルはやはり格。ここはグランアレグリアにはなかなか逆らえないところですが、あえて前走の反動があるとみて対抗まで。

本命はレシステンシア。高松宮記念は勝ち馬と差のない2着。差し競馬もできるようになって、幅が広がりました。外枠もいいので、ここから。マジックキャッスル、テルツェット、サウンドキアラあたりへ幅広く流して、穴はディアンドル。団野の一発。

NHKマイルCは荒れるレース

NHKマイルCは荒れるレース。ポイントは外枠。明らかに東京マイルは 安田記念もそうですが、 外枠が有利。9Rも外枠で決まりましたし、狙いは外枠。次のポイントは前走着順。実は前走1着馬はほとんど来ないんですよね。これだけでかなり絞れます。
本命はグレナディアガーズ。外枠ではないですが、前走2着でここ。東京向きの脚質ですし、狙います。相手はシュネルマイスター。マイルの早い時計がどうかですが、ルメール外枠で。あとは外枠からピクシーナイト、逃げのバスラットレオンがどうか。ルークズネスト、ホウホウアマゾンはおさえ。穴はロードマックス。

菊花賞馬を信頼

ここは距離適性で馬券買います。本命はワールドプレミア。菊花賞馬をここで買わない手はないです。タフな馬場も問題ないですし、ここは福永次第ですね。直線短いので内枠で、前で競馬してほしいです。

相手はディープボンド。阪神のタフな馬場向きの馬ですし和田の腕にも期待。ただ人気しすぎの感があります。アリストテレスルメール絶好調みたいなので、押さえます。気になるのはユーキャンスマイル。長距離適正はありますし、このメンバーなら。牝馬のウインマリリンとカレンブーケドールは距離がどうか。むしろオーソリティやオセアグレイト、ディバインフォースに流します。穴はナムラドノヴァン。人気薄の内田の一発に注意。