デアリングタクト、三冠なるか

今日は秋華賞。デアリングタクトの無敗の三冠がかかっています。秋のTRを見ても、そこまでの馬は不在。ここはデアリングタクト本命で三冠に期待。あるとすれば京都内回りだけ。

相手はリアアメリア。ローズSは先行抜けだしで完勝。あの競馬ができれば立ち回り次第で逆転も。ウインマイティー紫苑Sは本番にむけての叩き。良くなっています。

気になっているのはソフトフルート。夕月特別で古馬相手にいい勝ち方。伸びしろがあるのはこの馬。あとはウインマリリン、マルターズディオサ、ミヤマザクラあたり。穴はミスニューヨーク。長岡ー杉山厩舎ラインは勝負気配。

ダノンスマッシュ中心

ポイントは差しか逃げか。中京の直線より短い中山コースで高松宮記念の順位が変わるかどうか。今の中山芝は差し有利ですが、マイルあたりが良い馬には短いコース。ここはスペシャリストの差し馬から。

本命はダノンスマッシュ。セントウルS勝ちは鮮やかで、ここで頂点を奪取してくれるはず。相手は前で粘りこむモズスーパーフレア。あとはグランアレグリア、ダイアトニック、ミスターメロディあたりへ流します。穴はエイティーンガール。代打池添はおさえます。

コントレイル復帰戦

神戸新聞杯はコントレイル断然の感じですが、休み明けですし、競馬に絶対はないです。夏の上り馬がほとんどいないので、ここはディープボンドから。ダービーも3着とは差のない競馬。前に行けますし、ここから。コントレイルとの2頭軸マルチで。頭が変われば美味しい馬券になりそうです。穴はビターエンダー。ここは厚めに。

オールカマーは少頭数ですが、軸が難しい感じです。馬場は差せるぐらい良くなっているので、あとは中山コース適正。本命はジェネラーレウーノ。長期休養明けですが、調教からは問題なし。ここ狙いは明らかで前に単騎で行けそうなので狙います。相手はカレンブーケドール。ミッキースワロー、クレッションドラヴあたりへ。穴はセンテリュオ。2頭軸マルチで。

ローズSは上り馬狙い

オークス組からいくか、夏の上り馬からいくか、ですが、今年は牝馬クラシック路線はレベル疑問なので、素直に上り馬から。

本命はフアナ。春はフローラSで惜敗でしたが、夏を越して成長。前走は完勝でしたし、ここでも勝負できるはず。この馬から流します。対抗はフィオリキアリ。この馬も夏で成長しました。ここでも。あとは人気馬に流して、穴はシャレード

秋競馬開幕は難解なレース

中京のセントウルステークスはデータが少なく難しいです。ここはシヴァージの差しで勝負。中京の馬場次第ですが、差し競馬になるとみて。相手はミスターメロディ。この2頭から流します。穴はトゥラヴェスーラ。

京成杯オータムハンデはさらに難解。ここはアンドラステの前残り。開幕週で時計勝負とみて。この馬から手広く。対抗は時計勝負とみてトロワゼトワル。穴はラセット。

札幌記念は格より調子

まずは札幌記念。昨年の豪華メンバーと比べてG3クラスのメンバー。人気のラッキーライラックは休み明けは走れないタイプなので、どの馬にもチャンスありそうです。

本命はイエッツト。カンパニー産駒で晩成だと思いますし、横山武史狙いでこの馬から買います。近走は安定して走っていますし、乗り替わりも魅力。札幌芝も合っています。対抗はノームコア。距離がどうかですが、ずぶくなってきているので、大丈夫でしょう。横山典との親子ワンツーに期待。札幌二歳Sを勝っているブラックホールペルシアンナイト、アドマイヤジャスタ、ポンデザールあたりへ手広く。穴はカウディーリョ。

北九州記念は荒れるハンデG3で難しいです。本命はアンヴァル。前が早く差しが決まる展開とみて、昨年3着の競馬ができれば。相手も差し馬タイセイアベニール。松山で狙ってみます。あとは手広く。穴はアウィルアウェイ。

ローカル重賞はコース特徴

まずは関屋記念。新潟マイルは外枠からが鉄則。しかもある程度前で押し切れそうな馬を狙います。本命はグルーヴィット。マイルでもやれる馬ですし、安定して走れます。昨年の中京記念を勝ったように夏がいい馬。狙います。対抗は牝馬アンドラステ。牝馬で54kgならここでも勝負できそう。あとはサトノアーサー、トロワゼトワル、クリノガウディー、アストラエンブレムあたりへ手広く。穴はエントシャイデン。

小倉記念は小回りで前狙いでOK。ここは力をつけてきた牝馬、サマーセントを狙います。前で競馬できそうですし、52kg。相手はランブリングアレー。タニノフランケル、ノーブルマーズあたりへ。穴はアメリカズカップ