クリソベリル断然

チャンピオンカップはクリソベリルがどう勝つかという感じがしています。国内負けなしですし、勝負根性もあります。ここは連覇濃厚とみます。

相手はサンライズノヴァ。同じ厩舎ですが、こちらは差し脚が魅力。クリソベリルが前の馬を全部潰して、この馬が伸びてくるイメージです。あとは馬体重次第でタイムフライヤー。札幌エルムSが好内容。あとはクリンチャー、ゴールドドリーム、チュウワウィザード。カフェファラオはおさえ。穴はエアアルマス。調教絶好でしたし、もまれない競馬で粘れれば。

豪華メンバーのジャパンカップ

今日のジャパンカップ三冠馬3頭という豪華メンバーになりましたね。どういう競馬になるか。ポイントは馬場。今の東京コースは内側が荒れてきていてある程度は位置取りを考えないと伸びません。こういうコースはやはりルメール。いい馬場を選んでレースをします。ここはアーモンドアイ本命。

相手は一応、コントレイル。ダービーのように外を通っていい位置を取れれば。馬群に押し込められる危険もありそう。デアリングタクトはオークスで馬群を割ってきたように根性がありそう。混戦ならば逆転も。あとはローテーションがいいカレンブーケドールとグローリーヴェイズあたりへ厚めに。穴はキセキ。一昨年ぐらい走れれば。2からの馬連馬単3連単で勝負。

 

サリオスの底力に期待

マイルチャンピオンシップは豪華メンバーでいいレースに期待。グランアレグリアスプリンターズSからの参戦。前走のキレは本物ですが、マイルではあのキレばどうか。短距離志向が強くなっているとみて、阪神マイルなら取りこぼしも。対抗。

サリオスは朝日杯完勝している阪神マイルなら地力勝負で勝ちきれるはず。大外枠ももまれずにいいはず。距離不安はないとみて本命。あとはインディチャンプ、アドマイヤマーズのG1馬へ。サウンドキアラ、手広く。穴はスカーレットカラー。

連覇なるか

天皇賞はアーモンドアイの連覇がかかります。ここ数年、連覇がないのもこのレースの難しさかもしれません。調教から昨年以上の調教にみえるアーモンドアイが軸ではいいと思います。

相手はキセキ。宝塚記念京都大賞典と2着ですが、難しさが無くなってきたのはいいですね。東京コースも得意ですし、距離も問題ないはず。自分の走りができれば。あとはクロノジェノシス、ダノンキングリー、ダノンプレミアムあたりへ厚めに。ブラストワンピース、フィエールマン、ウインブライトはここ勝負ではないとみます。穴はスカーレットカラー。差し競馬になれば混戦で。

菊は距離適正

今日は菊花賞。コントレイルの三冠がかかっていますが、距離適正から万全ではないと見てます。二冠までの馬はどの馬も距離で敗れています。


本命はヴェルトライゼンテ。兄は昨年の勝ち馬。この距離でしか勝てないと思います。池添の手腕にも期待。ノーザンファームがそろそろ勝つでしょう。あとは距離適正からロバートソンキー、ダノングロワールあたりへ流します。穴はタフな競馬が向きそうなブラックホール

デアリングタクト、三冠なるか

今日は秋華賞。デアリングタクトの無敗の三冠がかかっています。秋のTRを見ても、そこまでの馬は不在。ここはデアリングタクト本命で三冠に期待。あるとすれば京都内回りだけ。

相手はリアアメリア。ローズSは先行抜けだしで完勝。あの競馬ができれば立ち回り次第で逆転も。ウインマイティー紫苑Sは本番にむけての叩き。良くなっています。

気になっているのはソフトフルート。夕月特別で古馬相手にいい勝ち方。伸びしろがあるのはこの馬。あとはウインマリリン、マルターズディオサ、ミヤマザクラあたり。穴はミスニューヨーク。長岡ー杉山厩舎ラインは勝負気配。

ダノンスマッシュ中心

ポイントは差しか逃げか。中京の直線より短い中山コースで高松宮記念の順位が変わるかどうか。今の中山芝は差し有利ですが、マイルあたりが良い馬には短いコース。ここはスペシャリストの差し馬から。

本命はダノンスマッシュ。セントウルS勝ちは鮮やかで、ここで頂点を奪取してくれるはず。相手は前で粘りこむモズスーパーフレア。あとはグランアレグリア、ダイアトニック、ミスターメロディあたりへ流します。穴はエイティーンガール。代打池添はおさえます。