キセキのペース

いよいよ有馬記念。今年は大物不在でどの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成。枠が重要なコースですが、それよりも展開が気になります。逃げ馬不在でスローは間違いなさそうですが、近走からキセキが前に行くでしょう。JCでもペースを作ってレコード。秋4走目が気になりますが、調教から問題なさそう。この馬から買います。

相手はレイデオロ。安定感ならこちらですが、ルメールがどこで勝負してくるかで決まるでしょう。早く動くと後ろが気になるでしょうし、皐月賞のように人気で動けないケースもありそう。単穴はシュヴァルグラン。昨年は2着はあった内容で中山でも問題ないと思いますが、器用なタイプでないので、早めに抜け出す昨年のJCのような展開なれば。あとはミッキースワロー、ロケット、パフォーマプロミスあたりへ流します。穴はクリンチャー。凱旋門賞帰りですが、いい枠でうまく立ち回れば。